オナラが多い人の便秘解消法

便秘やお腹の不快感、オナラなどお通じに関して悩むことが多い人の中には、自分が頑固な便秘だと思い込んでしまっているケースがあります。毎朝排便をしなければいけない、毎日必ず出るわけではないので便秘だと考えている人がいます。これには誤解があり、不快な症状が無ければあまり気にする必要はないのです。快便の基本としてはスッキリ排便することが大切で、1日から2日置きにスッキリ排便があれば問題は無い場合が多いです。 食べたものが胃の中にある状態で寝てしまうと食べ物が停滞してしまって、朝になっても腸が動かなくなるので便秘になりやすくなります。またデスクワークで長時間座りっぱなしの人も注意が必要で、前かがみの姿勢を長時間続けていると腸が垂れ下がってしまうことがあります。押しつぶされてしまうこともあり、排便する動きが止まってしまうことがあります。こまめに席を立つようにしたり、マッサージを取り入れるなどして腸に刺激を与えるようにします。生活習慣と食生活を見直して、便秘や残便感を予防することが大切です。オナラが出てしまうときには便秘も原因の一つなので、予防することで出にくくなります。便が腸の中に停滞しているとガスを発生し、オナラが出やすくなります。腸内の環境を整えて、オナラを防ぐようにします。 まず便秘解消のためには朝はなるべく炭水化物を摂取して、便の量を増やすようにします。炭水化物に含まれている食物繊維は便の量を増し、スッキリ排便するようにサポートしてくれます。食物繊維が多いおにぎりやふすまパン、ブラウンフレークなどを朝食に取り入れて、便の量を増やします。残業などで夕食が遅いと翌朝に食欲が湧きにくくなるので、毎日夜の8時までには食事を終わらせておくようにします。夜遅い食事をするときにはなるべく早い時間に炭水化物を摂取して、帰宅後や時間があるときに消化の良い食べ物を摂るようにします。食事を分けて、翌朝に食べ物が胃の中に残らないような工夫をします。また便意が無くても腸は動いているので、朝食後にはトイレに入るように習慣付けるようにします。排便を促すリズムを作るようにして、自然とリズムが出来るように工夫します。スッキリとした排便を促すことが出来れば、自然とオナラの回数を減らすことが出来る場合があります。便意はリラックスしたときに感じやすくなるので、自宅や自宅以外でも安心して排便出来るトイレを見つけておくことも大切です。