便秘解消に役立つ食べ物:お茶

便秘とは、何らかの不調によって排泄がスムーズにいかない状態のことをいいます。
排泄がスムーズにいかないと大腸では便がたまってしまい、悪玉菌も増えてきてしまいます。悪玉菌が増えると便を腐敗させて発がん物質や発がん促進物質などの有害物質が増加します。この有害物質は腸壁から吸収されて、血液と一緒に全身に巡って様々な不調を引き起こしてしまいます。
肌荒れやニキビなどの肌トラブルや腹痛、頭痛や冷えなどのほか、精神的にもイライラしてしまったり、集中できないなどの問題が出てきます。
そんな便秘を解消するためには、様々な方法があります。
便秘解消に役立つ食べ物もいろいろありますが、手軽に摂取できるものとしてオススメなのがお茶です。便秘に効果的なお茶を飲むことによって効率的に解消していくことができます。
お茶とひとことでいってもその種類はたくさんあるため、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまいます。
そんな時には自分が飲みやすく、症状にあったものを選ぶことが良いとされています。
具体的な種類としては、プーアール茶はビタミンやミネラルが豊富なため整腸作用があります。血行促進する作用もあることから冷えからくる腸機能の低下を改善したり、排便を促す作用も期待できます。
どくだみ茶は「十の薬効」があるというほど体に良い成分を多く含んでいます。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルやクエルシトリンというフラボノイドが排出を促し、緩下作用によって便通を良くする効果があります。
ごぼう茶には豊富な食物繊維が含まれています。不溶性と水溶性の両方を含んでおり、効果的に腸を刺激することができます。加えてサポニンやオリゴ糖などが含まれることで善玉菌が増えて腸内環境を改善します。
近年人気になっているのが、ルイボスティーです。カフェインが入っておらず、ミネラルがバランス良く含んでおり腸内環境を良くして善玉菌や毒素を排泄する作用があります。
美容が気になる場合には、ローズヒップティーがオススメです。ローズヒップには豊富なビタミンCが含まれており、ビタミンCが善玉菌のエサになることで腸内環境を良くすることができます。
他にも、コーヒーやタンポポ茶などがありますが、カフェインの入っているものは刺激が強いため飲み方には注意が必要となります。
また、お茶以外にも食事を気をつけたり、運動をする、規則正しい生活を行っていくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です